吉原について

吉原へのとは?
吉原とは日本一のソープランド密集地帯としてその名が知られております。現在では「吉原」という地名は残っていませんのではっきりとした区分はありません。
現在の住所では東京都台東区千束四丁目、三丁目あたりが吉原となります。

吉原の歴史は江戸時代にまでさかのぼります。その昔に江戸郊外に作られ、公許の遊女屋が集まる場所とされてきました。江戸幕府開設後間もなく元和三年(1617年)に庄司甚右衛門が散在していた遊女屋を現在の日本橋に集めました。この時に幕府に認可を受け翌年から営業を開始しております。

明暦三年(1656年)に有名な振袖火事と呼ばれる大火が起き、吉原遊廓も焼失しました。この時に幕府は、吉原ができてから30年の月日が流れ、周囲がみちがえるほど市街化した事を機に現在の場所に移転を命じられました。
この際に幕府が出した移転条件は、郭敷地の5割り増し、昼夜営業の許可、移転料:1万500両・1万9千両などが上げられます。元吉原は、昼のみ営業が認められていたようです。
この後も吉原は何度となく火事で焼けました。主な大火は、1768年、1787年、1816年、1835年、1845年、1862年、1864年、1866年や大正12年(1923)、関東大震災などとなります。しかし不死鳥のようにあっという間に復活をとげております。
移転前の日本橋を「元吉原」と呼び、浅草北部の現在の場所を「新吉原」と呼ばれます。現在は略して「吉原」とその名が知られています。別名、江戸城の北にある事から「北国」や「北州」と呼ばれる事もあるようです。

吉原には、「四郎兵衛会所」という番小屋がかつてありました。これは、遊女たちの逃亡を監視する為に作られたもので遊女達の人別帳を常備していたようです。また「お歯黒どぶ」と呼ばれ、こちらも遊女達の逃亡を防ぐ為に、幅2間(3.6メートル)程の堀が作られていました。当時の遊女達は籠の鳥状態で自由な外出も許可されないような環境だったようです。

遊女には花魁(おいらん)、新造・禿(かむろ)などの身分があったとされ、茶屋を通して入らないと店に上がれない程の格式があったそうです。
花魁が、揚屋や、茶屋まで新造や禿を引き連れて練り歩く事を「花魁道中」と呼びます。
年が経ち、様々な法律が施行され、規制が厳しくなりました。
昭和33年(1958年)に売春防止法の施行により、赤線が廃止されました。これを受けて「吉原」という名が消滅しました。
昭和60年(1985年)2月13日には風俗営業取締法が大幅に改正され風俗営業の営業地域が大幅に制限される事になりました。
東京都はこの時、吉原の実情を考慮し、特殊地域として現在の建物を使用する限りで営業が許可されました。これにより、新たに建物を建設し営業するという事はできなくなりましたが、改装等は可能という事なので継続してソープランドを営業する事が可能となっています。
東京都では、かつて新宿歌舞伎町や、池袋の一部にも同様の許可が認められていましたが、現在ではこの吉原と呼ばれる地域のみソープランド営業が許可されています。

格式としては、高級店、ビップ店、スタンダード店、エコノミー店などが存在します。中には激安店、格安店と呼ばれるお店もあるようです。
また現在では、様々なジャンル、女の子がおり、熟女、若妻、人妻、素人、ギャル、巨乳、美乳、細身、若妻、OL、ロリ系、コスプレ、フェチ、金髪、白人、アイドル、モデルなどで選べたりできるようです。

カテゴリー

お問い合わせ

掲載に関してのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ